原色のグジャラート 染織の中心地ブジを訪問「アーメダバードと大カッチ・バンニの村めぐり2泊3日」|インド現地発着ツアー SAIYU INDIA

インド旅行の専門店 SAIYU INDIA
インドの旅行会社・西遊インディア。インド現地発着ツアーの手配はお任せください!
お問い合わせ・お申し込み
Face Book

ランドパッケージ INR 30,500/-より
[コース番号:IFD74]

大カッチ湿原 バンニの村めぐりとホワイト・ランへ 
原色のグジャラート2泊3日

2泊3日で訪れる“旬”のグジャラート、カッチ湿原まで訪れる「原色のグジャラート」の旅。

  • ムトワ刺繍

    左:大塩源ホワイト・ラン 右:道中出会ったアヒール族の家族

日程
  地名 摘要
1

アーメダバード
ブジ

朝、アーメダバードのご指定の場所(空港など)専用車にてお迎えにあがります。 その後、一路、大カッチの中心地ブジを目指します(約6〜7時間)。 途中、世界遺産女王の階段井戸(ラーニ・キ・ヴァーブ)と、モデラーの太陽寺院にご案内させていただきます。

食事 朝:− 昼:○ 夜:○
ブジ 泊
2

ブジ
(大カッチ・バンニの村めぐり)

午前、乾期のみに現れる大塩原を見渡すビュー・ポイントとホワイト・ラン(塩の平原)を訪問。昼食の後、独自の染織や刺繍の技術が受け継がれるバンニエリアに点在する村を訪問します。ヒマシ油を加工したローガンペイントや錫工芸などの技術が受け継がれるニローナ村、ミリ単位の細かなミラー刺繍をするムトワ族の村、鮮やかな刺繍が特徴の衣装を着るメグワル族の村などを訪問します。

※昼食は、ホドコ村にあるエコ・リゾート、Shaam-e-Sarhadにて予定しています。ただし、季節によっては営業していなかったり、冬の日照時間が短く観光時間がない場合などはボックスランチ(インドのお弁当)の手配にさせていただきます。
事 朝:○ 昼:○ 夜:○
ブジ 泊
3

ブジ
アーメダバード

ミラー刺繍が盛んなブジョディ村と、ブロックプリントで有名なアジラクプル村をご案内致します。 午後、ブジの空港へお送りいたします。

(国内線にてムンバイへ、その後インド各地へ)
事 朝:○ 昼:− 夜:−

ここがポイント!
  • 脈々と受け継がれるグジャラートの本物の手仕事に触れる
    本物の手仕事に触れることがほとんど出来なくなった今でも、グジャラート州はバラエティ豊かな手仕事が脈々と受け継がれています。この地方の刺繍や染めなどの手工芸技術は世界的にもトップクラスに入り、世界中のテキスタイルファンを魅了しています。バンニの村を巡り、その高度な染織文化をお楽しみください。
  • ※染織・刺繍などの手工芸を目的として訪問されたい方、カラ・ラクシャなどグジャラートの手工芸品を専門に生産・販売しているショップの訪問をご希望の方はお問い合わせください。
  • 大塩原ホワイト・ラン
    大カッチ湿原では、乾季にのみ現れる真っ白な大塩原ホワイト・ランにも立ち寄ります。ビューポイントからは一面の塩の平原が見渡せます。
  • 各種アレンジもお任せください
    ご希望に応じてアーメダバード観光の追加手配が可能です。ほかにも、延泊や他のコースとの組み合わせなど、さまざまなアレンジが可能です。また、世界遺産ラニ・キ・ヴァヴ、モデラーの太陽神殿訪問の追加手配も可能ですが、非常に長い移動となります。詳しくはお問合せください。

  • グジャラートの旅ををサポートする西遊インディアのアーメダバード店
    「グジャラート・ジャーニー」

    日本の西遊旅行が長年こだわってきたグジャラートの旅、2003年より旅の企画を共にプロデュースしてきたゴウタム氏率いる「グジャラート・ジャーニー」が、現地手配を担当いたします。
    染織や民族訪問、インダス遺跡探訪などのSpecial Interest tourから企業視察まで、精力的に対応。また、なんといっても日本人のお客様へのサービス経験が豊富です。
  • グジャラート・ジャーニー

    「日本の皆様に、グジャラートの旅を心行くまでお楽しみいただきたいと思います。」



旅行のご案内とご注意
    [飲酒について]
  • グジャラートは禁酒州です。そのためレストランなど公共の場所でお酒を飲むことはできず、ホテルの客室内でのみお飲みいただくことが可能です。お酒の購入はリカー・パーミットを持つショップの開いている時間に限られます。現地にてアルコール類の購入をご希望の場合は、事前にガイドにその旨を伝えますので、ご出発の前にお知らせください。またパスポート、インド査証、インド入国スタンプのコピーもご用意ください。
  • [BSF許可取得について]
    大カッチ湿原のパキスタンとの国境方面にあたるドロド村及びホワイト・ラン(ホワイト・デザート)の訪問には、外国人はBSF(BODER SECURITY FORCE CHECK POST)の許可の取得が必要となります。ご旅行にパスポート本体及び、パスポートとインド査証のコピーをご用意ください。また行程スケジュールはこの許可取得時間に左右されますのであらかじめご了承ください。
料金
<ランド・パッケージ料金>
インド各地/アーメダバード、ブジ/インド各地間の航空券手配をご希望の場合は、別途、その時に手に入る最安値でご案内させていただきます。

2名様参加の場合の1名様料金
(2名1室)
INR 30,500/-
1名様参加の場合の1名様料金
(1名1室)
INR 48,200/-
1人部屋使用追加料金
(2名様以上で参加の場合)
INR 3,200/-

※上記料金の他に、インド政府課税のサービス税9.0%を別途加算させていただきます。


[料金に含まれるもの]

  • 現地英語ガイド(アーメダバード到着からブジ出発まで3日間)
  • 日程表記載の専用車及びドライバー
  • 日程表記載の各観光地の入場料
  • 日程表記載の宿泊費用
  • 食事(朝2回 昼2回 夜2回)
  • そのほか駐車場代など諸費用

[料金に含まれないもの]
  • インド各地/アーメダバード、ブジ/インド各地の国内線費用
  • 個人的費用(飲み物や通信費、洗濯代、医療費等)
  • ガイド、ドライバーへのチップ
  • ※上記の料金は、2016年10月1日〜2017年3月31日の期間中有効となります。それ以外の日付に関しては、別途お問い合わせください。
  • ※ディワリ、クリスマス・年末年始期間は上記の料金に追加料金が必要となります。お見積もりいたしますのでお問い合わせください。
  • ※ブジ発着をご希望の方はお問い合わせください。


利用予定ホテル
■スタンダードプラン
  • ブジ
    イラーク(Hotel Ilark )
ブジ、カッチ地方では設備の整ったホテルのひとつです。
  • The Royal Safari Camp

    レセプションエリア

  • The Royal Safari Camp

    客室の一例


  • ※おご予約時に満室の場合は、他の宿泊施設をご案内させていただく場合がございます。
  • ※延泊手配も承ります。お気軽にご相談ください。
<お問合せ・お申込み>
西遊インディア SAIYU INDIA Pvt.LTD
TEL:+91 01244017901
Mobile:+91 9810255705
e-mail:india@saiyuindia.com
営業時間 月曜〜土曜 9:30〜18:30 
※日曜・インドの祝祭日はお休みいたします。


大カッチ Great Rann of Kutch カッチとバンニの村めぐり

本物の手仕事に触れることがほとんど出来なくなった今でも、グジャラート州はバラエティ豊かな手仕事が脈々と受け継がれています。

カッチは「亀」を意味するカチボという言葉からつけられた地名で、Great Rann of Kutchと呼ばれる塩生の湿地帯が広がります。雨期には水浸しになってしまう大カッチ湿原の厳しい環境の中、ここに暮らす人々は暮らしに色彩を与える、素晴らしい装飾と手工芸品を発達させました。
2001年1月にグジャラートを襲った大地震で最も被害が大きかったのがこの地域であり、残念ながらその時にブンガと呼ばれる伝統的な泥づくりの住居の多くが失われてしまいました。現在は手工芸のその技術高さはから世界的にも有名になり、様々な村で独創的な作品が作られています。
ロータン・パスのブルー・ポピー

見事な刺繍の衣装を身に着けたメグワルの女性。グワルはもともとラジャスターンのマルワールの出身でカッチ地方へ移り住んできました。手工芸、特に刺繍、アップリケに秀でています。

大カッチの村にて

大カッチの村にて

ニローナ村で受け継がれるローガン・アート

ニローナ村で受け継がれるローガン・アート

岩の割れ目に見つけた青色のブルーポピー

ミラーワークの施された住居

薄紫の色味の差したブルー・ポピー

刺繍、アップリケ、ミラーワークなどの手仕事の品が並びます




White Rann
インドの人々に大人気の大塩原ホワイト・ラン(ホワイト・デザート)へ

カッチの塩原は冬になると乾燥し、一面の白い大地と化します。その光景がインド人ツーリストの間で大変な人気となり、テント村も出現するようになりました。この「ホワイト・ラン」を見渡すビュー・ポイント、そして歩いたりラクダに乗ったりして塩の平原をお楽しみいただけるポイントへご案内いたします。
ラクダニ揺られてホワイト・デザートの中へ  

ラクダニ揺られてホワイト・ランの中へ  

大カッチの村にて

トリック写真も可能!?

岩の割れ目に見つけた青色のブルーポピー

ビューポイントより、一面に広がる広がる大塩繝zワイト・ラン